恋活婚活マッチングアプリの口コミ評判と体験談

30代の独身男が恋活婚活・マッチング・出会いアプリで最高の恋人作る日常を公開する体験談

出会い 心理学 恋愛テクニック

LINEで未読や既読スルーで返事が無い時の対処法

投稿日:

pairs2

LINEで未読や既読スルーされて返事がない時どうすればいい?

気になる人と出会って、
LINEを交換してみたけど

  • 既読スルーされる…
  • 返事が返ってこない…
  • ブロックされったぽい?

こんなLINEのお悩みはありませんか?

私もよく、マッチングアプリで
女の子とLINEを交換するのですが

たまに連絡が来なくなることがあります。

そんな時はどうすればいいのか?

今回は『LINEで気になる相手から
連絡が来なくなった場合の対処法について』

記事を書きます。

異性とLINEしているけど、
返事が来なくなった…と悩んでる人は

参考にしてみてください。

それでは、
本題に入っていきましょう。

LINEで返事が来ない3つの原因

異性とLINEをしていて、

返事が来なかったり…
既読スルーされてしまったり…

そんな悩みで、
多くの人が頭を抱えているようですが

では、なぜ?
LINEの返事が返ってこないのでしょうか?

仮説ベースで考えると
次の3つの原因があると言えます。

  1. めんどくさくなった
  2. 嫌われたor飽きられた
  3. 単に気づいていない

1:めんどくさくなった

まず始めに、
LINEするのがめんどくさくなって

返事が返ってこなくなったパターン。

これは、結構よく聞くケースです。

最初は仲良くLINEをしていたけれど、

だんだん、やり取りするのが
めんどくさくなって

既読スルーや放置をしてしまう…という心理ですね。

2:嫌われたor飽きられた

次の原因として、

「嫌われた」「飽きられた」というものがあります。

LINEのやり取りで、

  • この人面白くないな―とか…
  • 何か、楽しくないな―とか…
  • 発言で地雷を踏んでしまったり…

こういったことが災いして、
もういいやーとなって

ブロックされるか
既読スルーされてしまう

というケースもあります。

3:単に気づいていない

最後3つ目。

単純にメッセージが届いてる事に
気づいていないケース。

たまにこういうタイプの人がいるんですが、

メッセージが届いていても、
気づかなくって、

返事を返し忘れてしまっている
という人もいます。

じゃあ、実際にLINEで返事が無い時どうするの?

TaniaVdB / Pixabay

以上が、LINEの返事が返ってこない

原因についての3つの仮説でした。

では、実際にその仮説を踏まえた上で、

LINEが返ってこない場合
一体どうすれば良いのでしょうか?

その対処法を、
私の意見ですが述べていきますね。

  1. 他の人にいく
  2. メッセージを再送する
  3. 間を空けて再送する

この3つの方法を
実践していくと良いです。

1:他の人にいく

大好きで、気になっている
『意中の人』から返事が来ないのは

かなり精神的にもストレスになるし
この先どうなるのか?

心配で夜も眠れなくなる…という人も
当然いるでしょう。

私も過去にそういった体験があり、

何週間も悩み、苦しみ、
仕事も手につきませんでした。

アプリで出会った女の子に惚れてしまい、
ずっと、恋愛中毒のような状態になりました。

その子は、あまり返事が
マメな子じゃなかったのですが

可愛かったので、
連絡がない時は、

他の男と遊んでるんじゃないか?…

と勘ぐってしまい
ネガティブ野郎な状態だったのです。

おまけに人は

イメージすればするほど…
妄想すればするほど…
知れば知るほど…

その物事が
気になって気になって
仕方がない心理状態になります。

そうなってしまうと、
常に意中の人のことばかり考え

ちょっとしたことで
一喜一憂してしまう…という

きわめて、精神的不安定で
不健康な状態になってしまうのです。

これでは
純粋に恋愛を楽しめませんよね。

日常生活にも支障をきたします。

複数の異性と連絡することで解決できる

だからこそ、
返事が来ない場合は

いっその事。

別の人を探してみるのも
1つの方法です。

別に、本命の人を諦める必要はありません。

ただし、この人しかいない!この人1本!だけの精神でいくと

どうしてもポジション的に
立場が弱くなってしまいます。

その結果、、、

必要以上に、
相手の発言や言動、メッセージの内容で

振り回されてしまったり…
媚びてしまったり…

しがちになってしまいます。

これは、男女どちらでも
当てはまる現象です。

非モテコミットに陥らない

また、有名な恋愛本の中で

『非モテコミット』というのが

話題になりました。

これは何なのか?というと、

1人の人に夢中になってしまいすぎて、
回りが見えずに、自信もなくなってしまい

振る舞いが弱々しくなってしまう
モードのことを指すようなのですが

まさに、その通りだと私も思います。

ですから、
老若男女問わず。

もし、狙っている意中の人がいれば、

その人と関係性を深めていくのは
もちろんのことなのですが、

返事が返ってこなかったり、
相手の態度にビクビクしてしまう場合は

思い切って、
並行して他の人との

出会いや交流の機会を
作っていきましょう。

幅が広がりますし、
意中の人とのLINEのやり取りにも

余裕が出てきます。

人が遺伝子的や本能的に人気の男女に惹かれるワケ

その余裕が自信となって、

そこから生まれた自信が、
異性を惹き付ける魅力となるのです。

また、人は人気の高い男女に惹かれます。

なぜなら、それだけ人気があって
需要があるということは

遺伝子的に、優れている可能性が高い!と
無意識的にイメージしてしまうためです。

既婚者や、恋人持ちの人がモテるのも
余裕があって、落ち着いているからです。

加えて、夜の営みをしていると、

フェロモンが出るので
より魅力的に見えるという効果があります。

人は誰しも本能的に、
優れた子孫を残そうという

使命が遺伝子に刻まれています。

なので、あなたが需要のある
人気の異性になれば

本命の人も、
あなたり振り向いてくれやすく
なるでしょう!

2:メッセージを再送する

次に、これはシンプルな方法ですが、
単純にメッセージを再送してみます。

単に、気づいていない人もいるので
そういった場合に

気づかせる意味合いで、
メッセージを再送すると

返事が来る場合があります。

ただし、

あんまり連続で
これをやってしまうと

重い
うざい
こいつ必死?

…という印象を与えてしまいます。

充分に関係性が築けて、
仲良くなっている間柄でしたら

メッセージを再送するのも有効ですが、

出会って、
まだ間もない状態の時に

これをやってしまうと、
印象を悪くさせてしまう可能性もあるので

状況を見極めて連絡してみましょう。

もし、連続でメッセージを送って

印象が悪くならないか?
心配だという場合は

2~3日ぐらいの感覚を空けて、
メッセージを返してみましょう。

3:間を空けて再送する

最後に、これは「2」の方法と、

若干、被る部分があるのですが

一定の間を空けて、
久しぶりにメッセージを送る…という方法です。

1カ月、2カ月後に、
メッセージを送ったりすることで

意外と返事が返ってきたりします。

また、「2」の方法を試したけど、

無視される、既読スルーされる…という人は
この方法を使ってみるのもあります。

ブロックされていなければ、
有効な時があります。

余裕を持って『恋愛』しよう

以上、LINEが来なくなった時の

原因(仮説)と対処法について書きました。

個人的には、本命意外に、
並行して別の人との出会いも作りつつ

一番仲良くなった人と付き合う…というのが
それなりに効果的かと思いました。

もちろん、人によっては

いろんな異性と
並行して連絡していくことに

抵抗やめんどくささを
感じてしまう場合もあるでしょう。

けれども、良い人と出会って、
得られるメリットと将来の生活を考えたなら

そこは手を抜く部分ではなく、
コツコツ、マメにやっていったほうが

絶対に良いと思うので、
LINEの返事が来なくても

めげずに、前向きに、
恋愛を楽しんでいきましょう!




人気記事

340view

社会人になると忙しくて出会いがない…。職場に異性がいない…。学生時代の恋人と別れてから出会いがない…。若い頃は合コンとかがあったけれど、周りも結婚しだしてそれもなくなった、自分もそろそろ結婚を考え出し ...

17,916view

ペアーズの男女会員の平均いいね数とは? ぱくたそ つよしです。 ペアーズの平均いいねってどれぐらいでしょう? 今回はマッチングアプリの 平均いいね数について考えてみたいと思います。 ペアーズを始め。 ...

1,411view

アプリ合コンだからこそ楽しめる意外な出会い Elkaaaaaaa / Pixabay 先日、ペアーズで知り合った女子と 合コンしてきました!! これまで、 アプリでマッチングした人と 1対1でデートし ...

-出会い, 心理学, 恋愛テクニック
-

Copyright© 恋活婚活マッチングアプリの口コミ評判と体験談 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.